トップ画像

藤田一寿のページへようこそ

研究

私は人工知能の発展に寄与するため,学際的視点から日々新たな人工知能技術の研究開発を行っています.

これまで,ニューラルネットワーク,クラスタリング,ゲームプレイ人工知能,GPUによる高速計算などの人工知能に関わる様々な研究を行ってきました.現在は深層強化学習を利用したゲームプレイ人工知能の研究に注力しております.また,能動的推論,強化学習,量子機械学習にも興味を持っています.今後も学際的視点を持って人工知能に関わる様々な分野にチャレンジしていきます.さらに,人工知能技術を進めることで人間の知能や意識のメカニズムにも迫れたらと考えています.

技術

研究では,Python,C言語,C++,shell scriptなどのプログラミング言語を主に使用しています.機械学習に関わる研究にはPythonを使用し,スパイキングニューラルネットワークに関わる研究では主にC言語またはC++を使用しています.必要に応じGPUを用いた計算も行っております.shell scriptはバッチ処理のために用いています.研究で開発するプログラムは基本的にDebian上で開発・実行しています.プログラムの動作サンプルの提示,データの可視化,教材作成や研究用ソフトの開発において,リモートマシンやDocker上のJupyterLabを活用しています.

教育

人工知能・機械学習,情報理論,画像処理,論理回路,アルゴリズムとデータ構造,プログラミング,基本情報処理などの情報工学分野と電気回路,電子回路,電磁気学などの電気電子分野の教育経験があります.また,高専教育に10年間携わり,そこでサービス開発やアプリ開発などを行うPBL型教育の経験も豊富に積んできました.さらに,研究で用いている線形代数,微分積分,確率・統計などの数学関連科目も講義可能です.これまでの研究教育活動の経験から,工学教育,特に知能情報に関する教育に貢献できます.

公開データ

技術資料,プログラムコード,講義資料などをDocswell(主に技術資料),GitHub(主にコードと講義資料),Speaker Deck(講義資料)で公開しております.簡単な技術的なメモはQiitaで公開しています.

経歴

  • 1997年3月広島県立呉三津田高等学校卒業
  • 2002年3月電気通信大学電気通信学部電子物性工学科卒業
  • 2007年3月電気通信大学大学院情報システム学研究科情報ネットワーク学専攻博士後期課程修了
  • 2004年4月電気通信大学非常勤職員 (2007年3月まで)
  • 2007年5月津山工業高等専門学校情報工学科助教 (2013年2月まで)
  • 2011年6月電気通信大学協力研究員 (樫森研究室) (2022年3月まで)
  • 2013年3月津山工業高等専門学校情報工学科講師 (2016年3月まで)
  • 2013年5月電気通信大学受託研修員 (阪口研究室) (2014年2月まで)
  • 2016年4月津山工業高等専門学校総合理工学科講師 配置転換 (2018年3月まで)
  • 2018年4月公立小松大学保健医療学部臨床工学科准教授 (現在に至る)

Last Update: 2023/12/26