K. Fujita

藤田 一寿のウェブサイトにようこそ

わたしたちは,莫大な情報からどのように必要な情報を取り出しているのでしょうか? 私はそんなモチベーションを持って,脳とコンピュータの情報処理について研究を行っています.

メニュー

お知らせ

  • 2018年3月14日ニューロコンピューティング研究会にて,神経のシミュレーションにおける浮動小数点型と膜電位のダイナミクスの関係について発表します.
  • 2018年2月GPGPUの高速計算に関する論文がComputingに掲載されました.
  • 2017年11月ICONIP2017で弱電気魚の電気定位についてとGPGPUによるシミュレーションの高速化について発表します.
  • 2017年9月20日学生が神経回路学会で自己組織化マップに関する研究について発表します.
  • 2017年8月極座標上のデータのためのクラスタリング手法についての論文がMathematical Problems in Engineeringに掲載されました.